明石の名水「亀の水」 【明石エリア】

明石の名水 亀の水は播磨三名水・播磨十水のひとつで、長寿の水とも呼ばれています

明石天文科学館の西、柿ノ本神社・月照寺の西参道の入り口にある明石・亀の水は、人丸山から涌き出る霊泉が亀の口から流れ出ています。

1699年に、柿本神社への西の参道が造られた時、人丸山上に水がないため、手水鉢として設けられたのが始まりだそうです。

あまりにも人々の利用が多く、ついに甕が割れてしまいました。

1719年、明石まで犯人を追いかけた飯塚喜兵衛宣政が手柄の恩賞のかわりに、罪人の罪を減じることと、割れた甕のかわりに立派な石の手水鉢を寄進したのが、今に至ります。

ピックアップインフォメーション PickupInfo

画像1
強面の亀の口から名水が勢いよく出てきます
画像2
画像3
柿ノ本神社・月照寺の西参道への入り口にあります

インフォメーション Information

名称 明石の名水「亀の水」 フリガナ カメノミズ
住所 〒674-
兵庫県明石市人丸町
営業時間 24時間・夜間照明なし
定休日 年中無休 平均予算 無料
駐車場 なし 備考 飲用可能(要煮沸)
施設情報 車椅子利用可 入場無料

もっと写真を見る Photograph

亀の水案内柱
時の道
注水について
映画撮影にも使われました
メイン道路からの亀の水

マップ&アクセス Map&Access

JR・山陽電鉄明石駅から東へ徒歩15分

山陽電鉄人丸前駅から北へ徒歩5分