明治天皇小休所跡 【大久保エリア】

明治天皇がかつて行幸の途中に休息された御小休所

明治天皇がかつて行幸の途中に休息された御小休所
この洋館は1919(大正8)年に建てられたもので、大久保本陣を務めた安藤家の一族が東京で海運業に成功し郷里明石に建てたのがこの通称「安藤家洋館」。

付近には、旧西国街道筋に面して、本陣跡や古い民家が残り、宿場町として栄えた歴史を感じさせる街並みが残る。

明治18年、明治天皇が西国巡幸で山口県まで行かれた時、帰りにここでお休みになられたそうで、入り口の石碑はこれを記念するものです。

ピックアップインフォメーション PickupInfo

画像1
画像2
画像3

インフォメーション Information

名称 明治天皇小休所跡 フリガナ Emeperor Meiji Restplace Ruin
住所 〒674-
兵庫県明石市大久保町
   

マップ&アクセス Map&Access

JR大久保駅から約400m